結婚両家挨拶時には、結納について話しておきましょう

結婚両家挨拶時には、結納について意向を確認しましょう

一般的に、結婚の約束を交わした後は、結婚両家挨拶という流れとなります。ご両親への挨拶の際には、結納が必要かどうか、結納の代わりに両家の顔合わせとなる食事会でもかまわないのかについて、両家の親の意向を確認しておくようにしましょう。結婚は2人だけの問題ではなく、家と家も結びつくことになりますので、結納について話しておいた方が後々のトラブルを回避することができるからです。結納は地域の伝統やしきたり、家柄などによって異なってきます。

それぞれの親の意向を確認しておきましょう

結納をはじめとして結婚式に関しても、事前に親の希望を確認しておくということが大事です。結婚両家挨拶時にある程度具体的な内容について話をしておいた方が、後々の段取りがスムーズに進むからです。話し合いで結納が不要となった場合でも、食事会は必要です。結婚した後は、長い付き合いとなる両家の顔合わせの場は非常に大切となります。ちなみに、結納と一口でいっても、正式結納と略式結納とがあり、現在の主流は略式結納となっています。

正式結納と略式結納について

正式結納とは、仲人が両家の仲立ちを行ない、まずは男性側から結納品を預かり、女性側へ届けます。女性側は仲人をもてなし、仲人に男性側に渡す「受書」と結納品を預けます。つまり、正式結納とは、仲人がそれぞれの家を訪ねて結納品を届けるスタイルとなります。現在主流となっている略式結納とは、新婦の家で行うことも多いのですが、お互いの実家から利便性の良い和食割烹店やホテルなどで行うのが一般的となっています。各ホテルでは、結納プランも用意されています。

おしゃれな港町、神戸の結婚式場は格式あるホテルや山の手の迎賓館から、少人数のお手軽ウェディングまで、バリエーションが豊かで好みに合わせて選べます。