結婚式の挙式スタイルについて

結婚式の挙式スタイル 教会式

結婚式の挙式スタイルとして一番最初に思いつくのが教会式です。日本では一番人気のスタイルで、結婚式ではスタンダードと言えるでしょう。基本的にはチャペルで行いますが、チャペルのないレストランやホテルなどでは教会式用の祭壇が設けられています。純白のウエディングドレスにバージンロード、誓いのキス、讃美歌にフラワーシャワーなど、多くの女性が思い描く憧れの挙式スタイルです。式の進行の大まかな流れが決まっているので、取り入れやすい・受け入れやすいと言うのも人気の理由です。

結婚式の挙式スタイル 人前式

近年、非常に人気が出てきているのが人前式です。宗教や場所を選ばず自由なスタイルで行うので、オリジナリティを出す事が出来ます。教会式では神の前で愛を誓うのに対し、人前式では参列者が証人となるので一体感が生まれると言うのも人気の秘密です。ただし、決まった形式がある訳ではないので進行等自分達で決めなければいけない事が多く、また、カジュアルになりやすい側面もあるので伝統にこだわる方や年配の親族がいる場合は事前によく確認しておく事が必要です。二人で相談しながら決めていくので達成感も生まれやすく、個性派やこだわりたい方にはオススメのスタイルですね。

結婚式の挙式スタイル 神前式

最後に、神前式をご紹介します。日本の伝統的な挙式スタイルであり、大変厳かな雰囲気で行います。和装の人気が高まる中、安定した需要があります。通常は神社で行いますが、最近ではホテルや専門式場などでも神前式が行えるような施設を完備しているところもあります。聞きなれない専門用語や所作もありますが、事前に確認、練習も出来るので事前の知識はあまり必要ありません。神社で行う場合は祭礼行事などで挙式を行えない日取りもあるので、候補日は余裕を持って選ぶと良いでしょう。また、披露宴会場が併設されていない神社も多いので、披露宴や食事会を併せて行う際はそちらも踏まえて確認しておく必要があります。

神戸の結婚式場は山や海に囲まれているので日常生活を忘れて挙式を行うことができます。リゾート気分を満喫するのであればこのようなエリアで結婚式をしましょう。