結婚式に彩りを!会場装花にこだわってみる!

理想の会場装花を選ぼう!

「会場装花」とはブライダル用語のひとつで、結婚披露宴などで飾られる花のことです。メインテーブルやゲストテーブルに飾る花は披露宴に彩りを添えてくれます。ドレスやブーケと合わせたり、季節感を演出したり、披露宴のコンセプトを表現するなど大事なアイテムです。花は色もボリュームも様々で、花が与える印象で会場の雰囲気も変わってきます。自分たちの理想に合った会場装花で素敵な結婚式にしたいですよね。そこで会場装花を選ぶポイントを紹介します。

必要な装花の種類は?

まずはメイン装花、高砂の席のお花です。新郎新婦のイメージ合わせても良いですね。そしてゲストテーブルの卓上花、ケーキの周りや前に飾る花、キャンドルに飾る花、両親へ贈る贈呈用の花束、会場に使う花ではありませんが花嫁さんが持つブーケも大事なアイテムです。その他にもエントランスや受付、ケーキナイフや司会者のマイクなどにも花が飾られます。それぞれプランに含まれてるものや、持ち込み可能なものなどプランナーさんやお花屋さんと確認しながら決めていきましょう。

花の選び方のポイントは?

結婚式のテーマのイメージはありますか?「可愛らしく」「シンプルに」などのイメージから担当するスタッフさんと検討していきましょう。好きな花や使いたい花があれば、それをメインに選んでも良いですね。会場の広さや雰囲気で色やアレンジのボリュームも変わってきますので、事前にリサーチしておくことをおすすめします。天井や床の色も花の色を選ぶときにはポイントになります。当日のお料理の献立もチェックして料理が美味しく見えるように装花を考えることもできます。そして予算内で納まるように装花の担当者と打ち合わせるとこが大切です。

ブライダルフェアなら東京で見学するのが良いでしょう。トレンド感溢れる演出やお洒落な空間などが多く、参考にする事が出来るからです。